白衣の投資家ライダー

初めまして。薬剤師をしています。趣味はバイクに乗ってツーリングをすることです。それと投資信託もやっています。皆さんに良い情報を提供できればなと思います。

勉強会に出席してみようという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は勉強会に出席してみようという話をしていきたいと思います。

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.勉強会に出席してみよう

3.最後に

 

1.はじめに

まずは私のことを知らない、という読者の方のために簡単に自己紹介をしておきます。

◎工業高校卒業後に一浪して薬学部に入学(物理、化学、生物をはじめ、ほぼ全て独学)

◎大学では卒業延期を喰らいながらも翌年の薬剤師国家試験になんとか合格して薬剤師になった

◎要領もかなり悪いと自負していて、何をしても人の5倍はかかるような人間である

以上が私の自己紹介です。そんな私でも薬剤師国家試験に合格した今、薬剤師として働いています。このブログは、受験生の皆さんに少しでも誤った勉強をしてほしくないと思って執筆しています。

 

2.勉強会に出席してみよう

皆さんは勉強会に出席したことはありますか?

ネットが発展した昨今では、勉強会もネット(eラーニング)で済ませられるのでそれで終了させる人が多いのも事実です。

しかし個人的には会場に実際に足を運んで勉強会を受講して見て欲しいと思います。

どうしてでしょうか・・・。その理由を述べてみたいと思います。

何と言っても、会場型の勉強会の場合は最新の話題を提供してくれるというのが大きなメリットになります。

eラーニングなどのネット研修の場合は気楽に自分の時間で受けることができるのですが、如何せん話題が最新ものも出ないことが多々あります。

数か月前のものならまだ良い方で、ものによっては半年以上、1年ぐらい昔のものもあったりします。それでは知識もアップデートされないでしょう。

その点、会場型の勉強会はそのようなことがないので安心ですね。

あとは何度か勉強会に出席していると、同じような仲間がいることに気が付くものです。

この人、前の勉強会にも居たよなあ。

そう思うこともあるでしょう。

また場合によっては向こうから声をかけてくることもあります。

あれ?○○さん。また勉強会に来られているんですか?お互い頑張りましょう。

そのような会話もあるのです(経験談)。

この場合の何が良いかと言うとモチベーションは上がるのはもちろんですが、

転職する時にも覚えてくれていることがある

ということです。

意外と世間って狭いですからね。

転職する時に同じ地域から転職先を探しているとどこかで出会う可能性もあるわけです。

面接などでも

いつも勉強会に出ている人ですね。

という話題が出る可能性もあるのです。

そしてそれは決してマイナスに働くということもありません。

上手くいけばその面接をしてくれた人が口を利いてくれる可能性もあるわけです。

勉強会に出席すれば知識を得られるだけでなく、もしもの転職時に有利に働くかもしれません。

どうですか・・・?皆さんも勉強会に出席してみませんか?

 

3.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

勉強会というと難しい、堅苦しいと思う人もいるでしょう。

でもそんなことはありません。

意外と会場というのは和やかに、時に熱意でいっぱいになっているものです。

なので皆さんもそんな勉強会に積極的に参加してみましょう。

 

 

ではまた!!

プライバシーポリシー お問い合わせ