白衣の投資家ライダー

初めまして。薬剤師をしています。趣味はバイクに乗ってツーリングをすることです。それと投資信託もやっています。皆さんに良い情報を提供できればなと思います。

勉強に才能は必要なのかという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は勉強に才能は必要なのかという話をしていきたいと思います。

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.勉強に才能は必要なのか

2.1.まずは結論から!

2.2.勉強に必要なもの・・・

3.最後に

 

1.はじめに

まずは私のことを知らない、という読者の方のために簡単に自己紹介をしておきます。

◎工業高校卒業後に一浪して薬学部に入学(物理、化学、生物をはじめ、ほぼ全て独学)

◎大学では卒業延期を喰らいながらも翌年の薬剤師国家試験になんとか合格して薬剤師になった

◎要領もかなり悪いと自負していて、何をしても人の5倍はかかるような人間である

以上が私の自己紹介です。そんな私でも薬剤師国家試験に合格した今、薬剤師として働いています。このブログは、受験生の皆さんに少しでも誤った勉強をしてほしくないと思って執筆しています。

 

2.勉強に才能は必要なのか

2.1.まずは結論から!

勉強に才能は必要なのか・・・まずは結論から書いていこうと思います。

勉強に才能は必要!

というのが私の持論です。

2.2.勉強に必要なもの・・・

勉強に才能が必要って・・・じゃあ才能がない私は勉強に向いていないんですか?

というような声が聞こえてきそうですね。

私が言う「才能」というのは

言われたことを瞬時に覚えて使いこなせるような能力

テストでいつも満点を取る

とかいう、いわゆる天才的な能力ではなくて

周りの声に耳を傾けることなく勉強を継続することができる能力

を指しています。

ここでポイントなのは「周りの声に耳を傾けない」ことと「勉強を継続する」ということです。

勉強において周りの声に耳を傾けることは正しいようで間違いだと思います。

どうせ周りの声なんて

やっても無駄

お前には無駄

というマイナス的な声ばかりなんです。

酷い時には周囲の人間に数時間にもわたって説教をされる可能性もあるわけです(経験談)。

あとは遊びの誘いというのもよろしくありません。

今日遊びに行こうぜ!

勉強なんてやって何の意味があるの?

これらの声はあなたの勉強の邪魔になるのです。

なのでそのような声は一切無視する能力は身につける必要があると思います。

あとは勉強を継続する能力ですね。

勉強のやる気というのはやり始めた後から徐々に減っていき、試験直前にまた上がるという人が多いと思います。

そして多くの人がその中間の期間に勉強を辞めてしまうことが多いのです。

そのまま勉強していたら合格していたかもしれないのに・・・。

私はそう思うのです。

なので皆さんは今からでも、周りの声に耳を傾けることなく勉強を継続することができる能力を身につけるようにしてみてはどうでしょうか。

 

3.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

勉強において天才的な才能は不要です。

必要なのは周りの声に耳を傾けることなく勉強を継続することができる能力です。

受験生の皆さんはそれを身に付けて合格を勝ち取りましょう。

受験生の皆さんからの吉報を待っています。

 

 

ではまた!!

プライバシーポリシー お問い合わせ