白衣の投資家ライダー

初めまして。薬剤師をしています。趣味はバイクに乗ってツーリングをすることです。それと投資信託もやっています。皆さんに良い情報を提供できればなと思います。

定期的にお金を得るということは心身の安定にもなるという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は定期的にお金を得るということは心身の安定にもなるという話をしていきたいと思います。

 

※また、本記事は投資を推奨するものではありません。投資は自分の責任で行うようにしてください。また特定銘柄を推奨するものでもありません。銘柄選定に関しても自身の責任で行うようにしてください。

 

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.定期的にお金を得るということ

3.注意点

4.最後に

 

1.はじめに

皆さんは毎日仕事に家事に趣味と楽しんでいますか?

・・・私は仕事はそこそこに、それ以外はちゃんと楽しんでいます(笑)。

しかしまあお金というのは生活する上で欠かせないものですよね。毎月振り込まれる給与で家賃やスマホ代、食費、ガソリン代を支払った後のわずかな残りを貯金に回すそんな生活を送っている人が多いでしょう。

そんな給料・・・サラリーマンとして働いている時には気づかないかもしれませんが、凄く良い制度なんですよ。

余程のことがない限り、決まった日に決まった金額が入ってくる・・・これは素晴らしいですよ。今回はそんな定期的な給料に関する話をしていきたいと思います。

 

2.定期的に給料を得るということ

日頃から会社は嫌だと思って働いている人は一定数いるでしょう。

かくいう私もその中の一人です。

しかしそんな嫌な状況の中でも給料が敵的に振り込まれるというのは励みになるものです。

そう・・・給料が心身の安定になるのです。

そして私はじめ、その給料の使い方次第では心身が安定してやりたかったことに挑戦できるようになるのです。

たとえばあなたが幼少期にやりたかった・なりたかった職業は何ですか?

その職業の給料はどうですか?

どうしてその職業に就いていないんですか?

その理由は様々でしょう。

その職業の給料が安くて家族を養うことができないと判断した

合格するまで何度も挑戦したかったのだが、周りが働け(お金を得ろ)というので泣く泣く諦めた

そんな人もいるでしょう。しかしある程度の定期的な給料が入ってくるとしたらどうですか?

なりたかった職業の給料と定期的な給料を合算すると生活できる

定期的に得られる給料で生活は問題なくできるので、その職業に就くための試験には何度も挑戦できる

これは本当に素晴らしいですよ。定期的に給料を得られるということは、自分が諦めかけていた職業に就ける可能性を秘めているのです。

 

3.注意点

でも定期的に給料を得る時ためには注意点もあります。

まずは「働きすぎるのは良くない」ということです。

1日8時間労働、週5日働く・・・これでは帰宅してから疲弊しきっている事の方が多いでしょう。やりたかったことに挑戦できる人もそうはないのではないでしょうか。

理想としては生活ができるお金と少しの現金が貯まるぐらいの労働が丁度良いと考えます。

適度な労働ということで、社会とのつながりを保ちつつ、定期的な給料を得ることで生活は問題なし。あとの時間でやりたかったことに挑戦するのです。

次に「定期的に得られる給料は心身共に負担をかけないものが良い」ということです。

定期的にお金を得る手段というのは自身が働いて対価を得る労働でも良いでしょう。

しかし労働一択に縛られるのも問題です。私の様にガラスのハートの持ち主だっているのですからね。労働以外にお金を得る手段としては何かしらの資産運用を少しでも良いので行うというのも良いでしょう。

株式投資や不動産投資・・・それらの方法で心身面で負担をできるだけ少なくしてお金を得る、そんな方法でも良いのです。

もう1日8時間労働、週5日働いているという方は、余ったお金を資産運用に回して定期的にお金を入手して自分の時間を確保する方法も良いでしょう。

 

4.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

定期的にお金を得られるサラリーマンの働き方は何かと不満が寄せられるものです。その不満の大部分は労働と対価が合っていないからではないでしょうか。

だったらその得られる給料を利用してやれば良いのです。

働く日数や時間を減らしてやりたかったことの時間を確保する

資産運用をして配当金や利子からお金を得る方法に移行して自分の時間を確保する

私は後者の方法で自分の時間を確保しようと頑張っています。読者の皆さんはどうでしょうか。ぜひ皆さんの考えを教えてください。

 

 

ではまた!!

新車は必要なのかという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は新車は必要なのかという話をしていきたいと思います。

今回の記事は2023年1月25日時点の記事になります。

 

※また、本記事は投資を推奨するものではありません。投資は自分の責任で行うようにしてください。また特定銘柄を推奨するものでもありません。銘柄選定に関しても自身の責任で行うようにしてください。

 

今回の目次は下記になります。

1.まずは投資成績から!

2.友人が車の購入を検討しているらしい

3.中古・一括購入が良いのかもしれない

4.最後に

 

1.まずは投資成績から!

皆さん・・・・最近寒すぎやしませんか?私の住んでいる地域でも氷点下を記録したということで寒さが身に染みる思いをしています(仕事に行っている場合じゃないな)。皆さんの住んでいる地域ではどうですか?

そんな中、株式市場はどうなっていくのでしょうか。私の成績を下記に示してみました。

今週はSBI証券は+140034円、楽天証券は-89円でした。

米国ETFに関しては先週と同様で+63万円という成績でした(米国ETFはスクショなくて申し訳ない)。今後も積み立てていき、様子を見ていこうと思います。

1月4週目投資成績その①

1月4週目投資成績その②

 

2.友人が車の購入を検討しているらしい

少し前に友人Aと会うことがありました。その時にふとあることを言い出したのです。

車の購入を検討しているんだ。新車で数百万円だけれどもどうしようかなあ・・・。

これを聞いた時に私はすごいなあ、と思ったのです。

だって数百万円ですよ?

おそらく多くの人が車の購入を分割でするかと思うんですが、それでも程度によっては月数万円の出費になるんです。

月の手取りが20万円だと仮定、そこから数万円は車のローンに消えるんです。

これって結構痛いんですよね。

 

3.中古・一括購入が良いのかもしれない

私も以前・・・まだ株式投資に興味を持つ前は新車でローンが当たり前の人間でした。

でも気付いたのです。

別に中古車でもそれほど性能は変わらないんじゃない?だったら安い中古でも良いんじゃない?

そんなことを思ったのです。

現に今私が乗っている車は中古で一括払いをしました。

購入して数年が経ちますが、まあ何とか乗れています(通勤するのには問題ないです)。

どうしても中古車でトラブルが起こるのが嫌だというのであれば新車でも良いですが、もし私が新車を購入するのであれば、一括という選択肢は揺るぎません。

だって余分にお金を払うのが嫌なんですよ。

100万円の新車を購入しようとしたけど今はお金がない→だったら分割だ→やった、これで車が購入できた→(数年後)ローンを支払い終えたぞ

これで車代が100万円なら別に私は新車でも良いと思いますよ。でもおそらく+数十万円は支払わなくてはいけないじゃないですか。

100万円が支払えないのに長い目で見れば100万円以上のお金を支払っている・・・それってどうなのとも思います。

 

4.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

車の購入・・・費用の面から社会人としては悩む人もいるでしょう。個人的には「中古」「一括」を推しますが、皆さんはどうでしょうか。車の購入=新車、分割という判断は早計ですよ。ぜひとも考えてみてください。

まあ友人Aの新車の購入に関してはこのブログと同じことを伝えておきました。

 

 

ではまた!!

もしもの時の為に現金を持つということという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回はもしもの時の為に現金を持つということという話をしていきたいと思います。

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.お金を銀行に預けるということ

3.現金を持ち歩いたり自宅に置いておくということ

4.最後に

 

1.はじめに

皆さんは毎日仕事に家事に趣味と楽しんでいますか?

・・・私は仕事はそこそこに、それ以外はちゃんと楽しんでいます(笑)。

しかしまあお金というのは生活する上で欠かせないものですよね。毎月振り込まれる給与で家賃やスマホ代、食費、ガソリン代を支払った後のわずかな残りを貯金に回すそんな生活を送っている人が多いでしょう。

上がらない給与と上がる税金・・・本当に日本という国は一体どこに向かっているのやら、疑問に思う日々です。

そんな皆さんは毎月入って来たお金の全てを消費か貯金に回していますか?もっというと現金で持ち歩いたり家に置いているという人はいますか?

今回はそんな話をしていこうと思います。

 

2.お金を銀行に預けるということ

お金を持ち歩くのは危険だ、と思っている方も多いでしょう。

お金を自宅に置いておくのは危険だ、と思っている方も多いでしょう。

確かにその通りです。

もし財布に数十万円入れていたり、自宅に数十万円も置いておくと外出に必要以上に警戒してしまいそうですね。

だからこそ原稿に預けておく、という選択肢を取るわけです。

もちろん防犯上の観点からその考えは悪くありません。

しかしもし何かしらの拍子に預金封鎖というものが起こったらどうでしょう。

預金封鎖・・・文字通り、預金が封鎖されてしまい、引き出すことができない状態です。

するとどうでしょう。

銀行には数百万円の自分のお金があっても引き出せないので、もし財布に現金が無ければコンビニでお菓子すら購入することができないのです。

なので個人的には財布や自宅にある程度のお金は置いておいても良いのではないかと思うんです。

 

3.現金を持ち歩いたり自宅に置いておくということ

まあ預金封鎖という極端な事例を挙げましたが、もっと確率の大きい話をしましょうか。

たとえばクレジットカードが何かの拍子で使えなかったり、現金オンリーの店に入ってしまったり、災害で現金しか利用できない場合だってあるはずです。そんなことを考えると財布にある程度の現金は入れておいた方が良いでしょう。

しかし財布か自宅かという極端な2択で考える必要はありません。

たとえば5万円の現金を準備して、3万円を財布に、2万円を自宅に置いておくというのも手です。可能なら万札ではなく千円札も織り交ぜた状態で保有するとなお良しです。

もちろんメインは電子決済やクレジットカードで済ますのを忘れてはいけません。現金は普段の生活で可能な限り使わないようにするべきです。

 

4.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

現金・・・もしもの時に数万円を準備しておくと何かと心強いものです。読者の皆さんはもしもの時の為に財布や自宅に現金を隠し持っておくことをお勧めします。

 

 

ではまた!!

新築の購入は必要なのかという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は新築の購入は必要なのかという話をしていきたいと思います。

今回の記事は2023年1月18日時点の記事になります。

 

※また、本記事は投資を推奨するものではありません。投資は自分の責任で行うようにしてください。また特定銘柄を推奨するものでもありません。銘柄選定に関しても自身の責任で行うようにしてください。

 

今回の目次は下記になります。

1.まずは投資成績から!

2.友人がローンを組んで家を買った

3.新築や一軒家である必要はないのではないか

4.最後に

 

1.まずは投資成績から!

皆さん・・・つい数日前の暖かさはどこに行ったんでしょうか。寒すぎませんか?もうね・・・これだけ寒すぎると仕事に行きたくなくなってしまいます(いつもそうですが)。皆さんは体調には気を付けて生活を送っていきましょう。

そんな中、株式市場はどうなっていくのでしょうか。私の成績を下記に示してみました。今週は

SBI証券は+121599円、楽天証券は-130円でした。

米国ETFに関しては先週と同様で+68万円という成績でした(米国ETFはスクショなくて申し訳ない)。今後も積み立てていき、様子を見ていこうと思います。

1月3週目投資成績その①

1月3週目投資成績その②

 

2.友人がローンを組んで家を買った

少し前に年収2000万円の友人が結婚・子供もできたこともあってローンでマンションを一室購入しました。

・・・これだけ書くと別に普通じゃん、と思う人もいるでしょう。

しかしですよ。その金額何とウン千万円。

すごくないですか?いや、そんな友人がいるという自慢じゃないんです(誰も何も言ってない)。何千万円も出して家を買うというのが凄いなと思うんです。

そのローンを組んでいる間は月々数十万円が引かれる→自分にもしもの時があれば周りの人が何とかする必要がある

単身赴任とかになると自分は住んでいないのにも関わらず、ローンはしっかり引かれる

これだけ考えても家をローンで購入することに大きなデメリットがある気がするんです。

 

3.新築や一軒家である必要はないのではないか

人が住むのに新築や一軒家である必要はないのではないかと思うんです。

数千万円する新築の家でなくても数百万円で購入できる中古の家でも良いし、一軒家でなくても賃貸マンションでも良いと思うんです。

たとえば賃貸のマンションを借りた場合を考えてみましょう。

5年間九州地方に住んで、次の5年間は北海道に住む・・・と言ったように自分の住みたい場所を転々と渡り歩くことができるんです。旅行好きな人や日本各地に住みたいという人にはぴったりでしょう。

あとは近所に変な人がいても一定年数すれば別の場所に移ることもできます。ご近所づきあいは田舎ではいまだに必須のような場所もあります。しかし所詮は他人なんです。嫌だ、面倒だと思うこともあるでしょう。しかし賃貸ならそんなところに住み続けなければいけないということもありません。

 

4.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

持ち家や賃貸、一軒家やマンション・・・どちらが良いのかというのは昔から論争が繰り広げられていますが、個人の考え方一つだと思います。皆さんはどうでしょうか。

ちなみに私は

気楽に物件間を移動できる

莫大なお金が不要

との理由で賃貸マンション派ですね(住む予定はないのですが)。

・・・しかしまあマイホームという響きに憧れがないわけでもありませんよ。なので積水ハウスを一株購入してみました。

 

 

ではまた!!

セミリタイア目指していることを親に言わない方が良いのかもしれないという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回はセミリタイア目指していることを親に言わない方が良いのかもしれないという話をしていきたいと思います。

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.セミリタイアの存在を知った

3.セミリタイアを目指すことを親に言ってはいけない

4.最後に

 

1.はじめに

皆さんは毎日仕事に家事に趣味と楽しんでいますか?

・・・私は仕事はそこそこに、それ以外はちゃんと楽しんでいます(笑)。

しかしまあ、仕事というのは自営業や社長などを除いて多くの方は楽しんで仕事をしていないと思うんです。

決まった時間に起きて仕事に行く

上司や部下、取引先などの人間関係に疲れる

残業や休日出勤がしんどい

それを1日8時間(人によってはもっと)、週40時間・・・会社が定めた定年まで繰り返すんです。

わー!!大変だ!俺はもう定年まで働かんぞ!セミリタイアしてやる!

そう思ったのは私だけではないはずです。

 

2.セミリタイアの存在を知った

セミリタイア・・・私がその存在を知ったのは数年前でした。

それまでは漠然とではありますが、定年まで働くんだろうな、と思っていましたからね。

定年までそれまでの労働を繰り返して定年は何をするでもなくボーっとする・・・そんなイメージを持っていたわけです。

しかしその存在を知った時・・・身体に電撃が走りました。

若いうち・・・まだある程度体力がある時に時間を確保してやりたいことをやる

人間関係に気を遣わなくて良い(これがHSPの私からすれば大きい)

このとても大きな2点・・・これだけでもセミリタイアを目指す価値はあると思ったのです。もちろん、そのためには資産運用をしっかりとやっていく必要はあります。

 

3.セミリタイアを目指すことを親に言ってはいけない

しかしそんなセミリタイア・・・目指していることを周り・・・特に親世代の人には言ってはいけないと私は思っています。その理由は以下の2点。

・私と同じように定年まで働くというイメージを持っている人が多い

・多くの親世代は資産運用=悪いものという認識がある方が多い

特に親世代の人間の人間というのはこの思いが強い人が多いものです。定年まで会社から給与を貰って家庭を築いていくと思っている子供が

俺・・・セミリタイアするんだ!

と言ってきたらどうでしょう?間違いなく私の家なら卒倒してしまう可能性「大」です。ひどい時にはそこでケンカに発展してしまう可能性もあるのです。

頑張って育ててきたうちの子供が30,40代になったのに会社に行かない・・・どうしよう。

そう思うに決まっています。

つまり・・・・親にそんな思いをさせないためにも黙ってセミリタイア計画を進行させていく必要があるのです。

 

4.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

セミリタイア・・・親世代にはなかったある種の働き方だと思います。つまり親世代には分からない働き方と言い換えることもできます。

そんな親にセミリタイアの重要性を説いても理解されることは無いのではないでしょうか。

そんなことで自分のセミリタイア計画が遠のく可能性があるならいっそ、黙って進行させた方が得策だとも言えます。

ちなみに私はセミリタイアを目指しているというのは親には言っていません(親は定年まで勤めあげるのが普通だと思っている人間なので)。メリットはないくせにデメリットだけが目立つ・・・だったら言わない方が良いと考えたからです。

読者諸君がどうするかはご自身でお決めになって下さいね。

 

 

ではまた!!

今年の投資目標に関する話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は今年の投資目標に関する話をしていきたいと思います。

今回の記事は2023年1月11日時点の記事になります。

 

※また、本記事は投資を推奨するものではありません。投資は自分の責任で行うようにしてください。また特定銘柄を推奨するものでもありません。銘柄選定に関しても自身の責任で行うようにしてください。

 

今回の目次は下記になります。

1.まずは投資成績から!

2.今年の投資目標・・・

3.最後に

 

1.まずは投資成績から!

いやはや、皆さん。年が明けて数日が経過しましたね。いかがお過ごしでしょうか。

私ですか?もうそれはそれは嫌だなあと思いながら仕事に向かっています。

いつになったらこの生活から抜け出すことはできるのか・・・そう考えるだけでも空しくなりますね。

さてそんな中、株式市場はどうなっていくのでしょうか。私の成績を下記に示してみました。今週はSBI証券は+121997円、楽天証券は-217円でした。

米国ETFに関しては先週と同様で+69万円という成績でした(米国ETFはスクショなくて申し訳ない)。今後も積み立てていき、様子を見ていこうと思います。

1月2週目投資成績その①

1月2週目投資成績その②

 

2.今年の投資目標・・・

いやー・・・投資界隈は年も明けたというのに全くめでたくありませんね。まだまだ市場自体には不安要素盛沢山といったところでしょうか。去年は多くの人が円高や円安、ロシアやウクライナのトラブルなどに悩まされてきましたが、今年はそうはいかないことを願うばかりです。

肝心の私自身の今年の投資はどうしましょうか・・・。答えは簡単です。

いつも通り積み立てる、ただそれだけです。

そして今年は順調にいけば私の資産はある大台の金額に乗る予定です。・・・別にその大台に乗ったからと言ってセミリタイアできるだなんて思っていません。でも世間の同年代の人よりかは資産額は大きいはずです。

それだけでも何だか嬉しくありませんか?

でもまあ市場なんて気まぐれですので、順調に積み立てても大台に乗らない可能性もあるのです。しかしそれは一個人の私にはどうすることもできません。

やれることとしては投資を辞めるか続けるかのどちらかだけです。

皆さんはどうしますか?

 

3.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

今年はきっとセミリタイアに近づいていることを実感できる年になるはずです。そのためには淡々と今まで通り積み立てていく必要があるのです。

労働に励むとセミリタイアに近づく・・・なんと素晴らしい事でしょうか。皆さんもセミリタイアの為に労働を頑張りませんか?・・・私はそうでも思わないと明日からの労働に行く元気が湧いてこないのです。適度に頑張っていきたいと思います。

 

 

ではまた!!

仮想通貨は危険なのかもしれないという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は仮想通貨は危険なのかもしれないという話をしていきたいと思います。

 

※また、本記事は投資を推奨するものではありません。投資は自分の責任で行うようにしてください。また特定銘柄を推奨するものでもありません。銘柄選定に関しても自身の責任で行うようにしてください。

 

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.お金を増やしたい人は多いが・・・

3.仮想通貨は向き不向き以前の問題なのが気がする

4.最後に

 

1.はじめに

皆さんは毎日仕事に家事に趣味と楽しんでいますか?

・・・私は仕事はそこそこに、それ以外はちゃんと楽しんでいます(笑)。

しかしまあ、最近生活をしているとお金、お金と何をするにもお金が必要なことが多くて大変だということを実感しますよね。

少しでもお金があれば仕事の量を減らせることができるのに・・・。

と思う人もいるでしょう。

ではお金を増やしたい人はどうするべきなのでしょうか。今回はそんな人が投資をしてはいけない商品を私の独断と偏見で紹介していきたいと思います。

 

2.お金を増やしたい人は多いが・・・

お金を増やしたいか、と問われるとほぼ全員がはい!と元気よく答えることでしょう。

何を隠そう私もです。

お金を増やそうとした場合、いろいろな手法がありますよね。

多くの人が思い浮かぶのは銀行への預金ではないでしょうか。しかし今のこのご時世だとリターンが小さすぎてほとんど増えないと言っても良いでしょう。

しかし

ようし!今ブームの仮想通貨に挑戦だ!

と安易な考えに走るのも危険です。

 

3.仮想通貨は向き不向き以前の問題な気がする

仮想通貨というと一番有名なのはビットコインでしょうか。数年前から世に登場し、CMでも見かけるほど有名な仮想通貨の一つですよね。

しかしです。こと仮想通貨というのは不安定要素満点なのです。

価値の急な上昇や転落

何かあっても保証されない

・・・そんな商品なのです。ある日自分の持っていた仮想通貨の価値が会社側の都合でゼロになっている可能性もあるのです。

もちろん今後、いろいろな意味で安定する可能性はあるのかもしれません。

しかしそれがいつなのか、その時までに投資したお金は残っているのでしょうか。

そう考えるとお金を増やしたい人は仮想通貨に投資をするのは避けた方が良いというのが私の意見です。

 

4.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

仮想通貨・・・人気市場なのは間違いないでしょう。しかし「人気だから」という理由だけで参入するのは非常に危険です。投資商品の価値以外にもその周辺事情も探ってみることをお勧めします。

私ですか?仮想通貨には参入することは無いでしょう。

 

 

ではまた!!

プライバシーポリシー お問い合わせ