白衣の投資家ライダー

初めまして。薬剤師をしています。趣味はバイクに乗ってツーリングをすることです。それと投資信託もやっています。皆さんに良い情報を提供できればなと思います。

【GW2日目】鷲羽山ツーリングに関する記事を書いていこうと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は【GW2日目】鷲羽山ツーリングに関する記事を書いていこうと思います。

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.出発!

3.友人と合流して食事へ

4.鷲羽山

5.ホテルへ

 

1.はじめに

今回はGWツーリング2日目と言うことで岡山県にマスツーリングに行ってきた記事を書いていこうと思います。

岡山県と言うと皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

・・・私はそう・・・瀬戸大橋ですね。

去年のあの出来事から1年・・・私は瀬戸大橋の恐怖に打ち勝つという思いも込めて岡山県に上陸することにしました。

 

2.出発!

そんなこんなでバイクを引っ張り出してきて出発!

今回のメンバーは大学時代からの友人であるAとBと私の計3人。

まあ分かりやすく言うといつものメンバーだということです。

友人Aとは時々会うことがあるのですが、友人Bは関西地方在住ということでとんとご無沙汰だった記憶があります(以前に会ったのは去年の年末)。

楽しみだなあ!

そう思いながらバイクを走らせました。

途中に何度か休憩・・・。良い景色だった。

自宅を出て2時間程が経過した時でしょうか。

ようやく待ち合わせ場所である瀬戸大橋の与島PAに到着しました。

これまた良き景色・・・

3.友人と合流して食事へ

どうやら私が一番最初に到着したらしく、しばし友人達が到着するのを待ちます(私が一番最初に到着するのはかなり珍しいです)。

すると数十分もしない間に友人Bが到着しました。

相変わらず元気そうで、相変わらずの綺麗なバイクに安心しました。

そして友人Bと私の転職後の話やらをしていると遅れること数十分・・・友人Aが到着しました。

こうして3人全員が到着したということでしばらくバイクを走らせて鴻池SAに到着・・・遅めの昼食を取ることにしました(この時に時刻は13時を過ぎていたでしょうか)。

飯だ飯だ!

美味し!!

美味な食事を味わった私達は目的地である鷲羽山に向かうことにしました。

 

4.鷲羽山

鴻池SAから鷲羽山まではバイクで数十分ということで意外とすぐに到着することができました。

鷲羽山に到着!

バイクを駐車して展望台まで歩きます。

・・・日頃の運動不足が祟ってか、私は少し歩いただけでもう限界を突破してしまいました(体力無いですね)。

しかしまあ展望台からの景色はとても綺麗で疲れが一瞬で吹き飛んだのもまた事実です。

良き景色だ

あれを渡って来たんだなあ・・・

なんでこれがここにあるのか・・・

 

そして綺麗な景色を拝んだ後は近くにある土産物屋で休憩がてらお土産品を見て回りました。

そうこうしているうちに時刻は18時少し前・・・ホテルのチャックインが19時だということでボチボチ移動を開始するために再びバイクに乗りました。

 

5.ホテルへ

鷲羽山からホテルまではバイクで30分もかからなかったと思います。

今回宿泊したホテルはバイク置き場と言うものがないらしく、近くにあるバイク専用のパーキング(有料)に駐車することになりました。

そしてバイクを駐車して荷物を置いた後は今夜の目玉でもある食事を頂きに出陣します。

もう私のツーリングブログを読んでくださっている方であれば知っているでしょうが、マスツーリングで出かけた時の仲間内で行く食事会と言うのは私は非常に楽しみなのです。

美味しい食事とお酒

友人達とのツーリングの話

これだけのためにここまでバイクで来たと言っても過言ではない程です。

そんなこんなで今回も目ぼしいお店を見つけて入店・・・・乾杯します。

乾杯だあ!

そして酒も進むと話も進みます。

仕事や恋愛の話、バイクの話・・・。

大学時代の友人ということでその時の彼らと変わらない景色がそこにはあったのです。

乾杯だあ!(その2)

しかし今回はいつもと少しだけ違いました。

隣りにいた夫婦の方が話しかけてきたのです。

話を聞くとどうやらその夫婦は高知県に住んでいて、バイクに乗る趣味もあるというではありませんか。

バイク乗りに悪い人はいない・・・ということでいつもの3人+2人でしばらく旅行の話で盛り上がりました。

そうこうしているうちにその夫婦はお先に、ということで帰宅・・・私達も翌日の帰投に向けてお開きとなりました。

デザートも美味かったぞ!

 

こうして私達の岡山ツーリング1日目は終了となりました。

次回は岡山県から帰宅までの記事を書いていこうと思います。

投資をするとお金が貯まるという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は投資をするとお金が貯まるという話をしていきたいと思います。

 

※また、本記事は投資を推奨するものではありません。投資は自分の責任で行うようにしてください。また特定銘柄を推奨するものでもありません。銘柄選定に関しても自身の責任で行うようにしてください。

 

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.投資をするとお金が貯まる理由

3.最後に

 

1.はじめに

皆さんは毎日仕事に家事に趣味に楽しんでいますか?

・・・私は仕事はそこそこに、それ以外はちゃんと楽しんでいます(笑)。

しかしまあお金というのは生活する上で欠かせないものですよね。毎月振り込まれる給与で家賃やスマホ代、食費、ガソリン代を支払い、残ったお金を貯金に回す・・・そんな生活を送っている人が多いでしょう。

畜生!お金があれば何でもできるのに!

と言う方も多いのではないでしょうか。

そんな方はぜひ、投資を検討してみても良いのかもしれません(もちろん万人には勧められる方法ではないのは当然ですが)。

今回はこれからお金を貯めていきたいという人のために記事を書いてみました。

良かったら見ていってください。

 

2.投資をするとお金が貯まる理由

何と言っても投資をするとお金を使うことに慎重になります。

投資を始める→お金を使うことに慎重になる→支出が減る→お金が貯まる

簡単に書くとこんなサイクルができるわけです。

固定費は仕方がありませんが、それ以外の不要なものを購入したり衝動買いをすることに非常に抵抗感が生まれるようになるのです。

要は不要なものを購入して資産が減るということが嫌だという気持ちになるのですね。

私もそうですが、投資をやり始めると私生活では

これを購入するとお金が減ってしまうんだよなあ。本当に必要か考えてみよう。

心のどこかでそう考えるようになるのです。

その結果、不必要なものを購入せずに済み(つまりお金を使わずに済み)、お金が貯まっていくようになったのです。

 

3.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

お金を貯めたいという方は非常に多いでしょう。

そんな方はぜひ投資という手法を活用するのもありだと思います(もちろん万人には勧められる方法ではありません)。

投資をするとお金を使うのにシビアになり、ものを一つ買うのにも必要か否かを判断するようになるのです。

そして不必要なものは購入しなくなり、その結果としてお金が貯まっていくのです。

これからお金を貯めていこうと思っている方はまずは「投資」を学習してみませんか。

共に頑張りましょう。

 

 

ではまた!!

次につながる準備をすることという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は次につながる準備をすることという話をしていきたいと思います。

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.転職する際に在職中からできること

3.次につながる準備をすること

4.最後に

 

1.はじめに

まずは私のことを知らない、という読者の方のために簡単に自己紹介をしておきます。

◎工業高校卒業後に一浪して薬学部に入学(物理、化学、生物をはじめ、ほぼ全て独学)

◎大学では卒業延期を喰らいながらも翌年の薬剤師国家試験になんとか合格して薬剤師になった

◎要領もかなり悪いと自負していて、何をしても人の5倍はかかるような人間である

以上が私の自己紹介です。そんな私でも薬剤師国家試験に合格した今、薬剤師として働いています。このブログは、受験生の皆さんに少しでも誤った勉強をしてほしくないと思って執筆しています。

 

2.転職する際に在職中からできること

皆さんは転職した経験はありますか?

私はこれまでに数回の転職をしてきた人間になるのですが、転職の時に注意する事というのを何となく感じ取って来た経験があります。

ええい!もう1日も働きたくない!職場に行くと蕁麻疹が出るんだ!

というような人は一刻も早くその職場を辞めるべきだと思いますが、

どうしようかなあ・・・。転職でもするかあ。

とぼんやりと転職を考えているような人は職場を今すぐ辞めるべきではありません。

大部分の人間が仕事を辞めた後には生活がやっていけない、次の転職先が決まる保証がどこにもない、ということを踏まえると転職先を決めてから退職を申し出る必要があるわけです。

では在職中に何かできることはあるのでしょうか。

次章に書いていこうと思います。

 

3.次につながる準備をすること

今の職場でやるべきこと・・・それは次につながる準備をすること、です。

仕事を通じて自分の知識を深めるのです。専門性を高めるのです。

できれば公的機関で発行されるような証明書があるのが望ましいでしょう。

客観的に残る形でそのような証明書が手に入ったら

ようし!準備も整ったし活動開始だ!

と転職活動をするのです。

そんな流れで活動した方が一貫性があって転職先が決まりやすいものです。

良いですか?

安易に転職をするなとは言いませんが、出来れば次に繋がるような一貫性のある転職をするためにも、今の職場で身に付けられる知識、技能を習得するようにしましょう。

 

4.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

転職活動と言うと安易に活動をする人がいます。

かくいう私もその中の一人でした。

しかし、転職活動も回数を重ねると一貫性がある行動が大切だと感じるようになりました。

在職中から何ができるか、学べるかを貪欲に探し、知識を深めていきましょう。

そして十分な知識を身に着けることができたら行動するのです。

そうすればきっと面接もスムーズにいくことでしょう。

え・・・?もし気が変わって転職活動を辞めたらどうするんだって?

それならそれで良いじゃないですか。

得た知識は無駄にはならないのです。

その職場で得た知識を有効活用すれば良いのです。

そう・・・つまり在職中に貪欲に行動することはノーリスクなんですね。

皆さんの転職活動が上手くいくことを祈っています。

 

 

ではまた!!

キャンプツーリングの注意点という話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回はキャンプツーリングの注意点という話をしていきたいと思います。

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.キャンプツーリングの注意点

2.1.防犯

2.2.虫や動物

2.3.人とのトラブル

3.最後に

 

1.はじめに

現在、私は来るべき日本一周ツーリングに向けて費用の捻出を頑張っています。ちなみに日本一周候補地一覧は下記になります。

日本一周候補地一覧

なんと73か所も回るんですよね。計画通りに行かないと途中で諦めたり、何が何でも周ろうと思って事故になってしまうかもしれません。計画通りに周ることが大切だというのは明白でしょう。

前回の記事は下記になります。

lab-coat-investor-rider.hatenablog.com

 

2.キャンプツーリングの注意点

2.1.防犯

キャンプツーリングと言うと外で食事をしてテントの中で眠るというスタイルを取ることだと思います。

そうなってくるとやはり気を付けなくてはいけないのが、防犯です。

家のように鍵を閉めることもないでしょうから、悪い人がいれば

テントの中にまで入って来て○○される

物を盗られる

と言うこともあるわけです。

またバイクを近くに停めていたとしても部品盗難などのいたずらされる場合もあるわけです。

キャンプ=楽しい、ワクワクするというイメージを持っている人も多いでしょうが、このような負の一面があることも知っておくべきでしょう。

2.2.虫や動物

あとは季節柄、虫や動物に関するトラブルも多いでしょう。

蚊に刺された、というようなトラブルなんかはまだかわいらしいもので、ムカデに噛まれた、野犬に襲われたというような大きなトラブルに遭遇する可能性もあるわけです。

そのような事態が起こる確率をできるだけ低くするためにも、害虫系に対応できるようなスプレーを準備しておいたり、食べ残しはせずちゃんと片づけをするようにすることが大切です。

またもし万が一、そのようなことが起こってしまったらどのように対処するべきなのか、処置はどうするのかといった方法も事前に勉強しておく必要はあると思います。

2.3.人とのトラブル

そして人とのトラブルも起こりえるというのは頭の片隅に置いておく必要があると思います。

キャンプに来たぜ!騒ぐぜ!

という思いから深夜までドンチャン騒ぐのは駄目だということですね。

意外とみんな節度を持った行動を取っているものです。

22時を過ぎたら明かりを落として静かにする

いつまでも談笑しない

そのようなことを心掛けるようにしましょう。

夜というのは意外と遠くまで音が届くものです。

常識の範疇でキャンプを楽しむようにしましょう。

 

3.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

キャンプと言うと楽しい反面、何かしらのトラブルに遭遇する可能性があるのも事実です。

トラブルが起こった時にどうするのか

トラブルを起こさないためにどうするのか

この2点はキャンプに行く前から考えておくようにしましょう。

 

 

ではまた!!

時間が足りないぞ?という話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は時間が足りないぞ?という話をしていきたいと思います。

今回の記事は2024年6月12日現在の記事になります。

 

※また、本記事は投資を推奨するものではありません。投資は自分の責任で行うようにしてください。また特定銘柄を推奨するものでもありません。銘柄選定に関しても自身の責任で行うようにしてください。

 

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.時間が足りないぞ?

3.時間を作るために・・・

4.最後に

 

1.はじめに

皆さん・・・最近蒸し暑い+雨で嫌な季節に入ったことを実感させられますね。

いかがお過ごしでしょうか。

もうね・・・私自身、かなりの暑がりなのでこれからの季節は地獄以外の何ものでもありませんね。

そのうえで電気代も値上がりするとか、国は一体何を考えているのかさっぱりです。

適度にエアコンを活用して過ごしていこうと思います。

そんな中、株式市場はどうなっていくのでしょうか。私の成績を示してみました。SBI証券は+681410円、楽天証券は+3191円でした。

いつものスクショはまたもPC不調で作成できませんでした。今回はスクショは無しとさせていただきます。

米国ETFに関しては+178万円という成績でした(米国ETFもスクショなくて申し訳ない)。今後も積み立てていき、様子を見ていこうと思います。

 

2.時間が足りないぞ?

さあ・・・知っている人は知っている。

昨日の記事でも少し書いたように、少し前に友人からゲームが送られてきたのですが、プレイする時間がありません。

仕事に趣味に勉強に食事に睡眠に・・・とやっているとどうやっても時間が足りないんですね。

休みの日は・・・?

というとそれはそれで

大部分は寝て過ごしています。

何でかって?仕事で疲れすぎて寝ていたいんですよね。

毎日の仕事に忙殺されて疲弊しきっています。

じゃあこの状況を何とかしなければ、自分のやりたいこと・やってみたいことに挑戦できないじゃないか!

という考えに至るのも当然の様な気もします。

 

3.時間を作るために・・・

じゃあその自分の時間を作るためにはどうするべきなのかと言うと、

お金に働いてもらうしかない

という結論になってしまいます。

保有する株式からの配当金や投信・・・これらが稼いでくれたら時間を作れるような気がします。

たとえば上記の方法で毎月5万円が手に入るとどうでしょうか。

・・・単純に考えても5万円分働かなくても良いわけで、その分時間ができるわけですよね。

そうすればその分の時間を自由に使えるんです。

何をしても良いんです。

寝ても良いしゲームをしても良いし、副業に挑戦してお金を稼いでも良いわけです。

おお・・・こう考えると時間を作る方法って意外と簡単なのかもしれません。

株式や投信を購入する・・・たったこれだけなのです。

もちろん、生活費<配当金ともなると働かなくても良いわけですが、ここまでいくのはさすがに非現実的で一般の人はハードルが高いのかもしれません。

でも月に数万円の利益を得るだけなら少し頑張るだけで達成できる気がしませんか。

 

4.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

時間がない=やりたいことを諦めるというのも勿体ない話です。

時間は作れるんです。

方法ですか?

お金にも働いてもらうんです。

月に数万円のお金が手に入ればその分、働かなくても良いわけです(単純な話ですが)。

するとその分の時間は自由に使えるんです。

どうですか?

意外と身近にある方法で時間って作れるんですね。

時間を作る方法は誰でも習得することができるわけですが、それを手にできる人はそう多くはありません。皆さんはどちら側の人間でしょうか。ぜひ考えてみてください。

 

 

ではまた!!

友人からゲームが送られてきたという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は友人からゲームが送られてきたという話をしていきたいと思います。

 

今回は少し前に大学時代の友人からゲームが送られてきました。

その時のことを記事にしていこうと思います。

ではどうぞ。

 

  • 大学時代の友人と会って・・・

この大学時代の友人と言うのが、私のバイク仲間でもあり、時折ブログにも登場する友人Bになります。

知らない人の為にどう言った人なのかを軽く復習がてら書いておくと

大学時代の友人

バイク仲間

FXをメインに資産形成をしている

と言う人間です。

このバイク仲間と言うのがポイントで、数年前にツーリングに行った時に話の流れで彼から私にゲームの誘いがあったのです。

ゲームやらね?

こんな感じだったでしょうか(もう覚えてねえ)。

しかしまあこの時の私はゲームからかなり遠ざかっていたこともあり、やんわりと断っていました。

しかしそれ以降、会うたびに結構な頻度でゲームの誘いを受けていたのもまた事実です。

・・・あまりに誘われると気にせざる負えなくなってしまうのが私です。

気が付けばそのゲームのことを意識している自分がいました(笑)。

 

  • ゲーム自体はかなり久しぶりだった

皆さんはゲームにハマった経験はありますか?

今、30代ぐらいの人は子供の時にハマったわ、という人もいるでしょう。

かくいう私も中学生の時までは結構ゲームにのめり込んでいた記憶があります。

ファミコンスーファミニンテンドー64、プレイステーション1,2を活用してそれなりの種類のゲームを楽しんできました。

両親からは

ゲームやりすぎ!

と何度も怒られたのも記憶にありますね。

しかし高校入学を機に勉強しなければいけないというある種の使命感に駆られた私はゲームから遠ざかっていました。

そしてそれ以降、ゲームからはかなり離れていたこともあり、興味関心も薄れていました。

 

  • ゲームが送られてきた

そんな友人から何度かの交渉を受け、最後にはゲームが送られてきました。

機種はプレイステーション4。

送られてきたからにはやらないといけないという使命感が芽生えてきたので早速準備に取り掛かります。

しかしこのプレイステーション4というのは今の私からすれば全く未知の機械です。

えーっと・・・とゲーム機のセットから電源の入れ方、設定方法全てをネットで調べてやるという何とも恥ずかしい経験をした後にようやく準備が整いました。

おー!カセットをフー、フーしなくて良いんだな。

と感心した私はやはり過去の人間なのでしょう。

 

  • 久しぶりにゲームをしたが・・・・

まあそんなこんなで友人から教えてもらったゲームをダウンロードしてやったのですが、これがまた酷かった。

画像が綺麗すぎるのが原因なのか、感度が高すぎるのが原因なのか、はたまたゲーム自体が久しぶりすぎるのが原因なのか、何がどうなっているのか分かりませんが、ゲームに酔ってしまったのです。

気持ち悪い・・・。

そんなこんなで数十分やっては休憩、という動作を何とか繰り返していました。

 

  • やるかどうか、続けられるかどうかと言われると・・・

せっかく送られてきたゲームですが、今後やるかどうか、続けるかどうかと言われるとどうなんだろうと思ってしまいます。

理由として一番大きいのは時間が足りないのです。

仕事が終わってブログ書いたり勉強をしてその後にゲームをしようとしても、すでに日付が変わっています。そこからできる元気があるのかと言うと甚だ疑問です。

あとはやはり酔うというのも大きい。

このような理由があって少し前から送られてきたゲームは起動できていません。

逆に言えばこの2つさえどうにかできればゲームに挑戦するかもしれないというのが現状です。

 

  • 最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

今回は私の家に友人からゲームが送られてきた話をしてみました。

ゲームと聞くと私含め、懐かしいという大人の方も多いでしょう。

しかしなかなかまとまった時間が確保できずに悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

かくいう私もその中の一人です。

せっかく送ってくれたゲームなのですから、上手く時間を捻出してゲームを楽しんでいきたいなと思います。

 

 

ではまた!!

徐々に勉強量、ハードルを上げていくという話をしていきたいと思う

こんばんは、白衣の投資家ライダーです。

今回は徐々に勉強量、ハードルを上げていくという話をしていきたいと思います。

今回の目次は下記になります。

1.はじめに

2.勉強をしていく中で私が心得ていること

2.1.最初は少ない勉強量、超えられるハードルを用意する

2.2.徐々に勉強量とハードルを上げていく

3.最後に

 

1.はじめに

まずは私のことを知らない、という読者の方のために簡単に自己紹介をしておきます。

◎工業高校卒業後に一浪して薬学部に入学(物理、化学、生物をはじめ、ほぼ全て独学)

◎大学では卒業延期を喰らいながらも翌年の薬剤師国家試験になんとか合格して薬剤師になった

◎要領もかなり悪いと自負していて、何をしても人の5倍はかかるような人間である

以上が私の自己紹介です。そんな私でも薬剤師国家試験に合格した今、薬剤師として働いています。このブログは、受験生の皆さんに少しでも誤った勉強をしてほしくないと思って執筆しています。

 

2.勉強をしていく中で私が心得ていること

2.1.最初は少ない勉強量、超えられるハードルを用意する

受験生の皆さん、日々の勉強ご苦労様です。

かつての私も受験生だった時には毎日勉強していましたが、あの辛さと言うのは今でもしっかりと覚えています。

しかしその辛さと言うのは勉強の初期とそれ以降では全く違うものでした。

というよりも勉強を開始した初期の頃というのは辛さなどほぼ無縁な日々を送っていました。

どうしてか・・・?頭が良かったからか?

そんなわけありませんね。

どうしてかと言うと小節のタイトルにもあるように少ない勉強量、超えられるハードルしか用意していなかったからです。

国家試験の勉強をしよう、と思った時の私の勉強量は

参考書数ページ

問題集は数問

といった具合でした(もちろん授業以外の自学自習のことですよ)。

どうしてそんなことをしたのかと言うと

勉強を継続するため

です。

多くの受験生が勉強を開始した初期の頃は目いっぱい勉強する計画を立てるものです。

しかしそれは注意が必要なのは何となく分かると思います。

やる気があるのは結構ですが、目の前の勉強量に圧倒されて数日しか勉強しない可能性があるのです。

これでは意味がありませんね。

なのでやる気を継続するためにも少ない勉強量をしていくことが大切だと思います。

2.2.徐々に勉強量とハードルを上げていく

しかしまあ少ない勉強量で合格できれば誰も苦労しませんよね。

なので少しずつ勉強量とハードルを上げていくようにしましょう。

3日前には問題集を数問解いて、2日前は昨日より1問多く解く、1日前は・・・・そして今日は・・・。

といった具合でしょうか。

・・・それって大変じゃないですか?

というような声もあるでしょう。

でもよく考えてみてください。

前日までに超えられるハードル、勉強量に挑んできた自分なら容易に対応できると思いませんか?

良いですか?

最初は少ない勉強量、超えられるハードルを越えていき、少しずつ勉強量、ハードルを越えられるようにしましょう。

すると他のデキルと思っている受験生よりもやる気が継続して合格まで走り抜けることができると思います。

 

3.最後に

今回の記事はどうだったでしょうか。

勉強はただやれば良いというものではありません。

どうすればやる気に満ちた状態を継続できるか、勉強を継続できるのかを考える必要があると思います。

今回の記事が受験生の皆さんの役に立てば幸いです。

 

 

ではまた!!

プライバシーポリシー お問い合わせ